マメルリハインコと共に・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

航空便

募集中の里親さんが全て決まりました!!

近々、航空便でボタンのヒナを送ることになりました。

さすがにこの時期 遠方への陸送は無理ですが
里親様の強い希望で初めて航空便での発送に挑戦?します。

業者さんから何度か購入していた事もあり山形空港での
受取り関係はわかっていますが発送となると初体験。

ところが今年から貨物の取扱が中止になりましたので
近場で大きい空港となると仙台空港です。ネットで調べた所
運よく直行便があって2時間足らず。「これはいい!!」と
早速、貨物取扱をしているANA(全日本空輸)へ連絡すると
これは乗客専用で貨物を取扱う直行便は出ていないとの事。
目的地まで利用可能な便を調べてもらうと
何と仙台からは沖縄を経由しての1日1便だけでした。
利用する場合は、予約してくれとの事だったので一応予約を入れておきました。

所要時間は約6時間ですので、「拾い食い」が出来る状態にまで成長しましたし
ホッカイロなどを利用すれば大丈夫だろうと思いますが・・・
出発時間がまずまずなのが幸いですが、受付が1時間前で締め切られるので
その前までとなると・・・7時には家を出ないと間に合いません。
(JAL便も検討しましたが間に合わないので対象外)

もうひとつ問題なのが料金です。以前は着払いで1300円ほどと記憶していたのですが
説明によれば、容積(たて×よこ×たかさ÷6000)が2以下で
重量が2キロ以内であれば1398円になるそうです。これを超えると倍以上のようです。
ちなみに直行便でも経由便(他社便)でも料金は同じとの事です。

そんな事で対応できる箱を製作する事になった訳ですが・・・

航空便1

まずはプラケース。ドリルがないのでキリで穴を開け
ドライバーで更に大きな空気穴を適当に作ります。
次に段ボールをケースに合わせて製作。問題なのが容積で、
たて×よこ×たかさが12000以内に収めなければならないので電卓片手に四苦八苦。
タテとヨコはぴったりにし、高さで調整する事にしました。

航空便2

上手いこと「2」以内に収めることが出来ました。
どうせ、受付で検査をされるんだからと上面に書き留めアピールです。

航空便3

重さは500gほどでヒナを入れても重量に問題はありません。
後は段ボールに空気穴を開けてホッカイロなどをセットしますが
梱包は空港で挿し餌をして受付直前にやろうと思っています。

料金は思うほど高くないし、早いので申し分ありませんが
空港が遠いだけにどうなる事やら・・・

いずれにしてもヒナが無事に到着することが何よりの願いです!!

ブログランキング・拍手がアップの励みになっています。
お立ち寄りの際はワン・クリックお願い出来れば幸いです。


スポンサーサイト

別窓 | ボタンインコ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<トンネルを抜けると | マメルリハインコと共に・・・ | ニギコロ練習>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:

∧top | under∨
| マメルリハインコと共に・・・ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。