マメルリハインコと共に・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

バイオレットボタンペア

我家のキエリクロボタンインコのバイオレット同士のペア達です。

数が少ないうえに雌雄がわからず、更には相性があるのでペア組には大変苦労し
時間が掛かりましたが、ようやく昨年から繁殖が出来るようになりました。

3ペアは全羽異血でそれぞれの両親の羽色がわかっていることから
子供達も、ほぼ確立通りに生まれている状況です。

しかし、DFバイオレットは1度の繁殖で1羽生まれたら良い方で
昨年は2ペアから3回の繁殖で、2羽だけしか生まれておらず
待望の1ペアが今春初産と言うこともあって、今年は非常に楽しみにしているところです。

バイオレットペア1

光の加減もあって、1羽ずつ全て色合いが微妙に違うのですが
画像にするとブルーっぽくなり、なかなか本来の羽色が表現出来ません。

比較的 近い色が手前の子になりますが、濃い青紫が魅力的です。
更に年々トヤ(換羽)を重ねるごとに深く濃く高貴な色になっていく所に惚れ込んでいます。
キエリクロボタンは全色飼いましたが、私は最終的にバイオレットに落ち着きました。

バイオレットペア2

ボタンインコのノーマルはグリーンですが、
カロチンが消失したのものがブルーと言われており
ブルーにダーク因子1つがコバルト、2つがモーブになるようです。
更にコバルトにバイオレット因子1つがSF(シングルファクター)バイオレット
2つがDF(ダブルファクター)バイオレットだと思います。

ちなみに我家のモーブは遺伝から、100%に近い確立でバイオレット因子を
持っている事になると思うので、ブルー系をお相手にすれば
高い確率でバイオレット系が生まれる事になると思います。

ブルー系の羽色はブルー・コバルト・コバルトバイオレット・バイオレットと
言うような呼び名があり、これまでバイオレットにSFとDFがあるものと思っていましたが
どうやらコバルトバイオレットをSF、バイオレットをDFとすると
非常にわかりやすいと言いますか分類上スッキリするので、
これが正解ではないかと思うのですが如何でしょうか?

どなたか詳しい方、ご教授戴けたら幸いです。

もし、それで良ければ我家の3ペアの6羽は
5羽がコバルトバイオレット(SFバイオレット)で
1羽がバイオレット(DFバイオレット)と言うことになるのですが・・・

なかなか飼育者も資料も少なく、遺伝となるとチンプンカンプンですし困ったものです。

ブログランキング・拍手がアップの励みになっています。
お立ち寄りの際はそれぞれワン・クリックお願い出来れば幸いです。

にほんブログ村 鳥ブログへ
             にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへにほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ

スポンサーサイト
別窓 | ボタンインコ | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨
| マメルリハインコと共に・・・ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。